読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなとぼくだけのお日記。

ようこそ!!!!

ただ売ってお金に変えるだけに生まれてきたアイテム

彼女と質屋に行きました。

f:id:micu0904:20160130085706p:plain<サムイネ

どうもすぎなみくのしんちくです

 

彼女は色んな爆弾持ちですが、美人でキャバクラでも一位を勝ち取った事があるくらいです。

f:id:micu0904:20160130101137j:plain

もちろん1位だったことも、キャバクラをやっていた事も付き合ってから判明したことです。

 

とまぁ、彼女がお客さんに貰ったバックを売ると質屋に行ったのですがーーー、

 

 

 

とにかく すごい 本当

 

この記事をたまたま読んだあなた

そんでもってキャバクラ通いで、旅行ではお金はあんまし使わずハンバーガーとか食べちゃうあなた!

 

キャバ嬢に貢ぐのはやめなさい。そして旅行先くらい贅沢しましょうよ。

 

 

お店での会話ーーー

 

f:id:micu0904:20160130101947j:plain

彼女「すいませーん」

 

f:id:micu0904:20160130102225j:plain

質屋「イラッシャイ」

 

f:id:micu0904:20160130101947j:plain

「このルイビギュウのバッグ売りたいんですけど!新品未開封なの!お客さんからもらっちゃった!」

 

f:id:micu0904:20160130102225j:plain

「ドレドレ...フム、コノバックニハ羊皮ト牛革ノ2種類アルネ、コレハ羊皮ネ、オネェサンアタリヨ」

 

f:id:micu0904:20160130085706p:plain

(アタリとかハズレとかあんのか、、?)

 

f:id:micu0904:20160130101947j:plain

「えー?どーいうことですか?」

 

f:id:micu0904:20160130102225j:plain

いいか?このバッグはさっきも言った通り同じ値段で2種類ある。

しかし人気や丈夫さなど色々な観点で売る時に値段が変わることがよくあるんだ。

そして今回お姉さんが持ってきたのは丈夫人気のあるモデルで新品。だから、

買値の80%で取引できるんだ。よかったね。もうひとつの方なら50~60%でしか取引できなかったよ。

 

f:id:micu0904:20160130085706p:plain

(そんな事あんのか、、?)

 

f:id:micu0904:20160130101947j:plain

「やった~~!!

あ、そういえば今度チャンネルのバッグを買ってもらえるんだけど!なにが高く売れるか教えて貰う事って出来ますかー?」

 

f:id:micu0904:20160130102225j:plain

「いいよ。

それならこのモデルの○○の✖✖のほうがウチでは高く買い取る、あとほかのモデルでもーー、、」

 

f:id:micu0904:20160130101947j:plain

「へぇ~~!!そーなんだ~~!!すごい勉強になりました!!これにしてもらおう!!やった!お金無かったしいいでしょ?しんちく!」

 

f:id:micu0904:20160130085706p:plain

「・・・うん・・・」

 

 

声には出さないがぼくは思った

 

 

 

f:id:micu0904:20160130085706p:plain

(ブランド物って一体何なんだっ!!!)

 

ポケモンで言うきんのたま

モンハンで言う銀の卵(どっちも似たようなもんだけど...)

 

みたいな扱いになってないか!?

ただ売ってお金に変えるだけに生まれてきたアイテム になっているそんな気がした。

 

・・・まぁ物はいいから長持ちしたり、見る人がみればそれはその人の価値に繋がったりあるんだけど、、、けど、、、

 

そんな事あっていいのか。。。

 

仮にも彼女に好意を抱き、もしかすると、もしかしてがあるかもしれない。
そんな淡い希望を抱きながら、その想いをプレゼントという形にして相手に喜んでもらう為、贈った。

 

その結果未使用未開封で売買される。

 

 

ーーー店を出てその日は、なんとなく虚しくなりその日は悲しく焼肉屋さんで地ビール飲みながら極上牛タンを食べて、帰りにBARによってウィスキーをロックで何倍も、何倍も、何倍も、、、、そして、、、帰りにグラスホッパーを、、、飲んだ。

 

bye!!