読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなとぼくだけのお日記。

ようこそ!!!!

【004】みくのしん・かまどのかまってみくのしん

f:id:micu0904:20170210164834p:image

今回は散々やるやるやると言ってやっていなかったみーくのトークをやりました!!これは実質の最終回か!?

 

 

第004回

 

 

ダウンロードはコチラ

 

エンディングテーマ/アクマの目

唄/森の子町子 

ホームページ

ツイッターアカウント

 

 

webメディアびっくりセールにてpixivisionさんのブースにお邪魔してきました

 

 

 

 みくのしん、髪の観察日記・3週目 

f:id:micu0904:20170227224213j:plain

 かまど「なにこれ?畸形嚢腫?」

  

!!お便り募集中!!

現在募集しているコーナーはコチラ!!

 

・【みーくのトーク

ディズニーシーの人気アトラクションタートルトークのみくのしんバージョン!みくのしんになんでも質問してみよう!面白く返してくれるかも!?

 

その他にも普通のお便りも募集しています!!

以下の投稿フォームからよろしくお願いします

 

 

 

 

f:id:micu0904:20170303155409p:plain

クラスの隅っこ出身組は何かと得することが多い世の中だと思いませんか?

得すると言うと嘘だけど、「あっしスクールカーストの底辺這いずり回りの助でござんした」という顔をしとけば、目には見えないけど何やら巨大な団体に入れてもらえる感じと言いますか。

・童貞(ないし女性経験が少ない)です
・高校時代の休み時間はずっと寝たふりしてました
・飲み会が苦痛でソフドリしか飲まんのです
・無職ですあーあお金が降ってこねえかな
・最近ハゲてきた

この辺りの金言名句を掲げていれば「ヨォーシ!入れ!」ってなる世界ありますよね。深夜ラジオは俺たちのものだ!あたしたちが一番うまくツイッターを使いこなせるのよ!という世界。

この世界に入門するためには幾つかのチェックをクリアしなくてはなりません。…が、僕はここに重要な1項目が入っていない気がしています。

それが「カラオケ好きか否か」です。

アホヅラかましてカラオケ歌えるならもう人生あがりだろ。そういうヤツが弱者を騙るな。

童貞でイジメられっ子でコミュ障で無職で…と何翻のっけようとも、カラオケで楽しく歌えるなら一発チョンボだと思いませんか?

「アニメが唯一の癒し…」「リアルなんてとっくに捨てた…」「ドゥフフ…」みたいなことブツブツ言ってるくせに、カラオケでマイク握りしめてうっとりバラード歌ってたらもう嘘じゃん。気の合う仲間とアニソンやらボカロの歌を歌い上げてたらもう辻褄が合わないじゃん。生き生きすんなよ裏切り者。

他人とカラオケ行くのは苦手だけど一人カラオケには行ける、という方もいます。
化け物かよコイツ。

密室で一人歌ってて途中で「はぁ…何やってんだろ…」ってならないならもう嘘じゃん。自分に酔いしれて勃起時みたいな角度でマイク持ってんならもう矛盾してんじゃん。お前の人生がうまくいかないのはその自己愛のせいだブタクサども。

この世界では揚げ足取られた者から死んでいくというのに、なぜカラオケは平気なんでしょうか?「ああいうやつダサいよな。俺たちはああはならねえよな」と相互監視し合う仲だろうよ。服からカラオケボックスの匂いがしたら縊り殺せ。じゃないと筋が通ってないぞ。

どだい、カラオケを形成する全てが非リアとは噛み合わないハズです。

・受付で会員カード見せてる時
・マイクを覆う除菌ビニールを外す時
・選曲して予約を入れる時
・歌っている時
・店員がドリンク持ってきた時
・内線がかかってきた時

どんな顔してんの?
この辺を素知らぬ顔でクリアできるのに「飲み会とかマジ勘弁だわぁ~」とか言える神経なんなの?お前はコミュ障じゃねえ。自分が主役じゃない空間が居心地悪いだけだ。端役の分際でおこがましいぞ。

 

調べてみたら「歌いやすいカラオケソング特集」というページを見つけました。「カラオケがちょっと苦手な人や、あらゆるシーンで歌いやすい曲をご紹介。JOYSOUNDがオススメする歌いやすい曲特集です」だってさ。


『歌いやすい曲-男性編-』で言えば例えば「A・RA・SHI」(嵐)とかが載っています。

ホラ。何もわかっちゃいねえよJOY SOUND。カラオケが苦手な人が「ユーアーマイソゥッソゥッ↑」とか歌えるわけねえだろ痰カスめ。よりによってアイドルソングなんか持ち出してくんな。

『どこかで聴いたことがあるから歌いやすい曲』には「富士サファリパークCMソング」(串田アキラ)とか「消臭力のうた」(ミゲル)とか。

はいバカ。所詮彼女持ちが考えたラインナップだコレは。「現国の古川先生のモノマネ」とかで爆笑してろ。

 

「じゃあかまどよ。お前はカラオケ行ったことないんだな?」と言われると、そりゃあります。僕だって何度か行ったことはあります。

生きてりゃ何度かあるだろ。「親睦を深めるためにカラオケ行きますか!」みたいな絶望的なシーン。あぁ終わったわ…というあの感じ。

そこで「いや僕カラオケ無理なんで失礼します」みたいな特殊能力持ってないから「へへ…いいっすね…」な顔して群れについていく羽目になる。

ああいうとき、道中で車突っ込んでこねえかなと思いますよね。「あぁ~コイツ轢かれたしなんかカラオケ行く感じでもなくなったね」ってなってほしい。「解散しましょうか。救急車乗りたい人はこっち集まってくださーい」みたいなね。

そういうことにはまあならない。結局カラオケたどり着くでしょ。んで部屋に着くなり道理のわからねえヤツがすぐにデンモクで曲選び始めんのね。早漏野郎め、慎みを知れ。「わあ部屋の内装キレー」とか「あは!最近のカラオケってこんな機能あるのねー」とか言わせろ。まだ心の準備ができてないのにがっつかないでよ。慣れてないんだから優しくしてよね。

とはいえ、ああいうときに最初に歌い始める人は正直尊敬するというのはあります。カリスマ性あるよ。誰にも真似できることじゃない。

これが社会人だったら「まずは若いもんが先に歌えよ」みたいな空気が出てくる。

ざけんなマジで。

お前らは好きでカラオケ来たんだから率先して曲を入れろブタつけ麺。手拍子くらいはしてやるから好きな歌を歌え。他人に振るな。

こっちもバカじゃないんだからカラオケ来たからにはできるだけ邪魔にならないように振る舞うくらいはします。手拍子したり、曲終わったら「いよーっ!」って言ってみたり、「この曲知ってるー!」ってやったりよ。本当はしたくねえんだこんなこと。

そんな中で「ほい!」っつってデンモク渡してくるやつ何なの?ほい!じゃねえわマジで。要らねえんだよこんな機器。

「せっかくカラオケ来たんだからお前も歌えよ」だって。いいんだよ歌わなくて。俺ホントに手拍子してるだけで楽しいから。バラードに合わせて体揺らしてる時間が一番好きなの。それだけでいいの。カラオケにそれ以上求めてないんだって。お前らで歌えって。

ここで「いやあ俺はいいや」みたいな防御魔法持ってないから「へへ…それじゃあちょいと…」な顔して曲入れる羽目になる。

んで歌うんだよ。俺が。バカみてえな顔して。カラオケという空気に呑まれてミスチル桜井っぽい歌い方したりするし「イノーセントワゥーゥドゥー」とか歌っちゃう。

子供の頃の俺がこの姿みたらどう思う?「将来はきっと漫画家になってハンターハンターみたいなすっげえヤツ描くんだ!」と言ってたあの頃の純粋なかまど少年が見たらどう思うかね?

「ねえねえ未来の僕!今どんな漫画描いてるの?」

残念。未来のお前はカラオケ歌ってるし、漫画家にもなってないし、ハンターハンターは休載してる。

こんなん黙って首をくくるだろ、かまど少年。全てに絶望して命を粗末にしてしまうこと請け合い。

んでカラオケで歌ってる俺の身体がだんだん透けてくるだろう。幼少期のかまどが死ぬことで現在のかまどがいないことにされる。時間という大いなる力が作用しているのだ。

最期にマイクだけがゴトンと床に落ちて俺という存在が完全に消える。周りも気づかないよね。バカみたいにタンバリン鳴らしてるだけ。一緒にハモってたお調子者も「あれ?なんで俺下のパート歌ってんだろ?」ってなる。

それでも僕は後悔しないでしょう。どうせ命は助かってもカラオケの後に家帰ったら「あああああああああ死にてええええええ」ってなるし。「何がイノーセントワゥーゥドゥーだッ!!!!あっッッッもう!!シッッッッッッッネクソ!!!!!!」ってなるしね。どのみち一緒。

 

僕はカラオケが憎い。
みくのしんよ。
君はカラオケは好きか?

 

 

 

 

bye!!