読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなとぼくだけのお日記。

ようこそ!!!!

【011】みくのしん・かまどのかまってみくのしん

 

f:id:micu0904:20170421061341p:plain

皆さんお便りいつもありがとライアンの実家!!!!
みんなが気になっていたあの!4月11日の !デートの!内容が!!!!明らかに!!!ざけんか……

 

第11回目

 

ダウンロードはコチラ

 

エンディングテーマ/アクマの目

唄/森の子町子 

ホームページ

ツイッターアカウント

 

 みくのしん、髪の観察日記・10週目

f:id:micu0904:20170421070739j:plain

なんかブレちゃってるね(笑)しゃーないしゃーない!!また来週!!

 

ー服用中のお薬ー

フィンペシア 1mg

ミノキシジル 10mg

 

 

!!お便り募集中!!

現在募集しているコーナーはコチラ!!

 

・【みーくのトーク

ディズニーシーの人気アトラクションタートルトークのみくのしんバージョン!みくのしんになんでも質問してみよう!面白く返してくれるかも!?

 

その他にも普通のお便りも募集しています!!

以下の投稿フォームからよろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:micu0904:20170421063726p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※(  )内は 水晶データシステムの内臓CPUが独自に解説したもの

3月17日
最高ラジオのツイッターダービーが始まって、すでに1週間。退屈で死にそうだ。みくのしんをおちょくるのも飽きたし。

今のところの唯一の楽しみは「みくのしん・おおきち面白対決」の実現だが、みくのしんが許さないだろうな。なにしろあいつは◎■▽(訳不可能)な低脳だ。もしかして前世は▲◯◎(訳不可能)かもしれない。

 

3月24日
ツイッターダービーが「みくのしん・おおきち面白対決」に決まったそうだ。いい考えが浮かんだ。おおきちを凹ませる上にみくのしんもビビらせる一石二鳥の名案だ。

ネットで調べたところ原宿に必勝祈願で有名な神社を見つけた。どうやら必勝祈願のお守りを売っているだけでなくご祈祷までやっているらしい。

場所も近いし、あとはうまいことみくのしんを乗せれば8割方成功するだろう。なにしろみくのしんは僕の計画に全く気づいていない。今のうちから「絶対おおきちさんには負けるなよ!」「頑張れ!」みたいなことを言ってこいつの士気を上げていかなければ。

 

4月7日
バーグハンバーグバーグにてライターの交流会であるボードゲーム会に出席する。まずいことにこの日、みくのしんとおおきちが顔を合わせることになる。ここでみくのしんがビビってしまい、僕の計画に支障が出るのではないかと危惧していたが、蓋を開けてみると特にそういうことはなかった。大仲良しラジオの毒は抜けているようだ。何だつまらねえ。

ただ、二人とも会の最中にやたらと喧嘩を仕掛けようとするのが鬱陶しくてしょうがなかった。何かにつけ、相手に鞘を当てに行き、口論をおっ始めようとしやがる。「やっぱり僕らが揃ったらみなさんコレ見たいでしょ?」みたいな打算が見えるようで不愉快だ。

こっちは楽しくボードゲームを通してみなさんと仲良くなりたいのに、ことあるごとにガタガタ喧嘩を始め、その度に空気が淀んでいく。お前ら、自分がこの世の主人公だとでも思ってんのか。協調性のない◎□▽(訳不可能)は報いを受けなければならない。僕もこの計画により熱を持って取り掛かることができそうだ。

あと、モンゴルナイフさんが小野ほりでいさんに「今の仕草、可愛かったですね~♡」と話しかけていると、なぜかおおきちが「嬉しいなあ。僕、可愛いって言われるのが一番好きなんだよね」と突然語り始めていた。お前じゃなくて小野さんだよ、可愛いのは。どうやらコミュニケーションのアンテナがバグっているらしい。

 

4月9日
みくのしんがおおきちと銭湯に行ったらしい。ふざけてんのかこいつら。
最高ラジオであれだけお膳立てしてもらっといて、なに親交を深めようとしてんだ□△■(訳不可能・いい意味ではない)め。

みくのしんは「別に楽しんだ訳じゃないから」と言っていたがそういうことではない。「逆におおきちさんのカスエピソード収集できたから良しとしよう」と言っていたがそういうことではない。

せっかくこっちが盛り上がってんのに肝心の二人がコレだ。「みなさん盛り上がってるようですけど、まあ僕らはそういうのもういいかな~って感じなんで」と言われたようで、これまでわずかながら僕の中に残っていた応援の気持ちが一気に冷めてしまった。

そっちがそのつもりなら、こっちだってやることやってやる。

この日、仕事の合間をぬって件の神社に行ってきた。計画の下調べのつもりだったが、宮司さんに話を聞くと、ご祈祷の後にはおまけでお守りをくれるらしい。これはいいことを聞いた。

必勝祈願のご祈祷をした後にもらえるお守りはどれか尋ねると、それと全く同じものが500円くらいで売っていた。今のうちにこれを購入し持ち帰ることにしよう。後日、みくのしんを連れてきてご祈祷してもらった際に、おまけのお守りとすり替えるためだ。

 

4月11日
いよいよ明日から本格的に計画を始動させる。楽しみでしょうがない。今夜、みくのしん宅に泊まらせてもらい、翌日にお目当ての神社に行き、ご祈祷してもらおう。

と思っていたら、みくのしんから「今日は一人になりたい」と連絡が来た。なんだこいつ。よくよく考えてみたら、今日はみくのしんが意中の女性とデートに行く日だった。興味がないからすっかり忘れていた。まあこの感じからするとうまくいかなかったのだろう。ざまあみやがれ。

とはいえ、ご祈祷にも行けそうにないとは厄介なことになった。まあ、細工したお守りを渡すだけでも計画は成立するのだけど、なんか悔しい。

あれこれ考えていると、みくのしんににべもなく断られたのがだんだんと腹たってきた。なにコイツいっちょまえにセンチメンタル気取ってんだ。お前みたいなやつが人間の女性とどうこうなろうなんておこがましい。老いたヤギと△△×(訳不可能・公の場では絶対できないことらしい)でもやって自分を慰めてりゃいいんだ。

そもそも、みくのしんは女性をまともな目で見ていない。女性は欲をぶちまけるだけの◎△×(訳不可能・かなりキツイ言葉らしい)だと思っているんだろうし、特に最近の女性は大体が□□×◎(訳不可能・◎△×のさらにキツイ言葉らしい)だと信じていそうだ。こんなやつに女性がたぶらかされることはあってはならない。

 

4月12日
ご祈祷に行けなくなった代わりに時間に余裕ができた。今日はゆっくりと準備を整えることにしよう。

これがみくのしんに渡すつもりのお守り。

f:id:micu0904:20170421064749j:plain


見れば見るほどご利益がありそうだ。これでは本当にみくのしんにパワーを与えてしまう。


中を見ると、何やら木の札のようなものが入っている。

f:id:micu0904:20170421064804j:plain


霊験あらたかな札だ。

f:id:micu0904:20170421064820j:plain


おそらくご利益の正体はこの木札に違いない。
とりあえずこれを抜いてしまえば、みくのしんがご利益を賜ることはなくなるだろうが、中身が空っぽではさすがの阿呆も気がつくだろう。


代わりに何か入れるものを作る。

コレだ。

f:id:micu0904:20170421064838j:plain

 

f:id:micu0904:20170421064851j:plain

A4用紙を「うそつき」という字で埋めてみた。
手間暇かけて思いを込めたのだから、ことによると元の札よりも強く、何かしらの力が宿っているかもしれない。

 

f:id:micu0904:20170421064910j:plain

あと、爪が伸びていたのでついでに切った。
せっかくだからこれも入れておこう。

 

f:id:micu0904:20170421064924j:plain


結構ギュウギュウだけど何とか入った。


触ってみると明らかに感触で偽物と分かるが、まあ多分大丈夫だろう。
あとは最高ラジオ収録直前に、これを渡すだけだ。

多分、みくのしんは最高ラジオの最中に、このお守りをドヤ顔でおおきちに見せるだろう。「俺には応援してくれる人がいるんだぜ!」みたいな感じで。

それは誰も味方のいないおおきちへの強烈な牽制になるはずだ。ことによるとそれで調子が狂ってくれるかもしれない。意味のわからないテンションになって自滅してくれればありがたい。

その上、後日みくのしんがお守りを開けると僕からの熱烈なラブレターと切りたての爪が飛び出す。みくのしんもきっと驚いてくれるだろう。

セブ山さん永田さんが「かまどがそんなことするか? 何か仕込んでんじゃないの?」と言い出さないかだけが心配だ。その場で開けてしまったら、僕がみくのしんの驚いた顔を見ることができない。


4月19日
いよいよ今日は最高ラジオ収録日。

「激励のため」とかそれらしいことを言って、みくのしんと決戦直前にラジオを撮ることに成功。
収録中、はずみでみくのしんを褒めてたら、何か感動してた。阿呆だな、コイツ。

最後にお守りを渡したら、思いのほか素直に受け取りやがった。くそ。疑うことを知らないのかコイツ。「かまどがこんなことするわけがない。何か裏があるはずだ」と思っても良さそうなものじゃないか。

だんだんイライラしてきた。お守りを握りしめて涙ぐまれたら、まるで僕が悪いことをしているかのような錯覚を覚える。そんな目で僕を見るのはやめろ。目の前にいるのはお前の味方なんかじゃない。

 

最高ラジオ収録10分前。
みくのしんをバーグハンバーグバーグまで送ってやった。

f:id:micu0904:20170421064944j:plain


「頑張るぞ!」みたいな顔してるな。

まああとはどうにでもなるだろう。
僕は一足先に家に帰り、これまでの顛末を文章に起こす作業を始めることとする。

第11回の放送ゴキは長くなりそうだ。

 

 

 

bye!!